パウダーやリキッド、ミネラルファンデーションについてあれこれ

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションは何が違い、どう選ぶ?

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションは同じファンデーションでも違いがあります。

 

リキッドファンデーションは仕上がりが自然で、ファンデーションを塗っていないように仕上げることが可能です。また、カバー力も高く、お肌に浸透しやすいので化粧崩れもしにくく、乾燥肌の方は粉ふきしないで使用が可能なので人気が高いです。

 

しかし、使用するのにはテクニックが必要で、塗り方が難しく量の調節が難しいこともあります。乳液に混ぜて塗ったり、スポンジを上手に使って伸ばしていく方法などがテクニックとしてあげられますが、練習が必要です。それに、化粧直しも外で行うには手間がかかってしまいます。

 

パウダーファンデーションは誰でも利用がしやすく、厚塗りにもなりにくいので初心者でも使いやすいです。また化粧直しもしやすく簡単に治すことができます。
薄付きタイプのパウダーファンデーションから、しっかりとカバーしてくれるパウダーファンデーションなど、商品数も多く選ぶのも楽しくなります。

 

リキッドファンデーションに比べると、自然な感じにすることが難しいです。また乾燥肌の方や、乾燥しやすい時期には粉ふきをしてしまう可能性があります。
そして、大切なのがパフのお手入れです。週に1回程度は必ず洗って、月に1回は交換するようにします。

 

パフは比較的安価な商品が販売されていますので、お肌に合えば安いものを使って常に新しいものを使用するぐらいの気持ちでいてください。

 

 

ファンデーションについて調べて見ました!