パウダーやリキッド、ミネラルファンデーションについてあれこれ

ファンデーションについて探って見ました。

最近のファンデーションはホント高機能で様々な種類がありますよね。
特にUV機能が付いているのが色々あるのは嬉しいです。

 

あまり重ね塗りしたくないので、一つの化粧品に複数の機能が入るのは肌への負担も軽減できるのでおすすめです。
ただ、やはり良いものを選ぶというのが難しいです。価格の問題じゃなくて沢山のメーカーから色々なコスメが販売されているので、自分の肌に合った良いものやコストパフォーマンスが良いものを選ぶのはなかなか難しいものです。

 

消費者の私達も化粧品の知識を身に付けて、魅力的な売り文句に何となく流されないようにしたいものですね。

 

既に一般的に広く知られていますので、それぞれの存在をご存知の方や既にいくつか試したことのある方も多いでしょう。
しかし、なかなか分かりにくいものですので上記それぞれのページにまとめました。
良かったらサラッとご一読して見てくださいね。

 

30代になったら老化予防を早め早めで始めよう!

お肌の曲がり角という言葉を耳にしたことがあると思いますが、成長期が止まって老化へと転換していく時期は20代半ばとか後半と言われています。
10代や20代前半までは、同世代の周りを見渡しても見た目に大差なく誰でもそれなりに若く見えるでしょう。

 

しかし、30代や40代、50代ともなると同じ年齢でも見た目の老化具合に大きく差がついてきます。
人それぞれ生活習慣やサイクルなどの生活習慣は違いますが、出来るだけ若くいたいものですよね。

 

肌の曲がり角を過ぎたということは、これから徐々に老化が始まっていくということになりますから、30代からのスキンケアは質にこだわっていかなければなりません。
その質とは、洗顔料や保湿化粧品の基礎化粧品はもちろんですが、美肌と内臓も大きく関わっています。

 

『肌は内臓を映し出す鏡』とも言われるように、特に腸の働きとも深い関係があると言われています。

 

便秘体質の方は、肌荒れしやすい方が多いでしょう。
また、食生活や睡眠、ストレス、喫煙など、アンチエイジングを考えたスキンケアを考えるなら、体内からのケアもしなければなりません。

 

クレンジングや洗顔石鹸、または化粧水や美容液を試して『全然効果がない』と次から次へと捜し求めても、なかなか良いものが見つからない方は、生活習慣や腸内環境を見直す事も考える必要があるでしょう。

 

30代も後半に差し掛かると、同じ歳でも見た目年齢に大きな差がついてしまいます。
どう見ても40代に見える人、まだまだ30前後に見える人。
特に女性は、誰しもが実年齢よりも少しでも若く見られたいと思っていることでしょう。

 

シワやたるみ、くすみのケアはお金が掛かると諦めかけている方もいるかもしれません。
しかし、肌の内と外からトータルでスキンケアを行うと意外とシンプルなケアで理想の美肌を手に入れられるはずですよ。

ファンデを綺麗に肌に乗せるスベスベ素肌を作るスキンケア情報

小じわ・たるみとスキンケアの方程式
年齢より老けて見られる大きな原因の一つにシワが挙げられます。そのシワを作らない方法や消す方法について解説しているサイト。
シワを消す方法、作らない方法や老化予防に話題の抗酸化物質ファイトケミカルについて。その他便秘と美肌の関係や基礎化粧品について掘り下げています。

 

 

黒ずみ・角栓。小鼻の汚れをキレイキレイ
毛穴に詰まった黒ずみや角栓。汚れを優しく綺麗にする方法。
ボツボツ気になる鼻の毛穴汚れ。間違ったケアをしていると毛穴が開き、詰まりやすくなるからキリがありません。ゆっくり優しく毛穴をキレイにして、黒ずみを繰り返さない方法とは!必見です。